古堅歯科矯正歯科医院 沖縄県 矯正歯科 那覇市

矯正装置

矯正装置
ブラケット
metal.jpg



bracket

世界で一番実績がある方法で、歯の表側にワイヤーやブラケットなどの装置をつけて行う矯正歯科治療です。
現在、装置の開発がすすみ、従来の装置より小さく・目立たなくなってきました。
また、痛みが軽減される装置など、多くのバリエーションがあり、患者様それぞれに対応できるようになってきました。

 ワイヤー
clear.jpg
wire s
また、痛みの少ない超弾性ワイヤーの性質をそのままに、白色にコーティングされた「ホワイトワイヤー」を用いる事で、より目立たず、痛みの少ない矯正治療が行えます。


セルフライゲーション
clippy.jpg
self-ligating brackets
歯につけるブラケットとワイヤーは、従来エラスティックや結紮線にて固定されています。
しかし、この方法では歯の移動を効率的に行うことを妨げる摩擦が生じます。
セルフライゲーションシステムでは摩擦抵抗を従来より少ない装置を用いて行います。
弱い力で歯が動くので、矯正治療による歯の痛みが少なく、
治療期間の短縮というメリットがあります。
 
ジルコニア

wjewel8.jpg
white jewel
ジルコニア素材のブラケットではその強度と靭性により長期に安定して治療に使用できること、天然歯に匹敵する審美性を有すること、また表面性状が 滑らかで細菌の付着や増殖が少なく、矯正治療の長期性を考慮すると、この素材の出現は患者さんにとっては朗報であり、口の中を衛生的に保てます。
強度が高いこと、汚れにくく清掃性も良いこと、小さいこと、すべりが良いので、痛みが少なく、歯を効率よく移動させることが可能です。