古堅歯科矯正歯科医院 沖縄県 矯正歯科 那覇市

舌側矯正装置

 舌側矯正歯科
 リンガルブラケット
舌側矯正歯科とは、歯の表からではなく裏側からワイヤーやブラケットなどの装置をつけて行う矯正歯科治療のことです。表から装置が見えないため、矯正治療を行っていることがほとんどわかりません。
これまで「歯並びを治したいけれど、矯正装置が見えるのが ちょっと...」と矯正歯科治療に踏み出せなかった方にも安心して始めていただける矯正歯科治療法です。そのため、人目に 関するストレスが軽減され、見た目を気にして笑えないということもありませんし、人前で話すことをためらうこともありません。
lingual brackets
 
lingual_1.jpg
20080823152532.gif
self-ligating lingual brackets
クリッピーL
当院では、舌側矯正装置にセルフライゲーション機能を備えた新しいリンガルブラケット”クリッピーL”を採用しています。このブラケットは従来より厚みが非常に薄く、装着後の違和感が軽減します。
歯の移動が早く、またチェアータイムも短くすみます。